男性におすすめの育毛ノウハウを教えます!

髪が増えて嬉しい人

このサイトを訪れたあなたの目的、それはただ一つであるはずです。

健康的に髪を生やしてフサフサなハッピーライフを送ること

そうじゃないですか?

(万が一、「違うよ!」ということでしたら、今すぐページを閉じて他にあたってください。)

このサイトはたった1ページから成るコンテンツに過ぎませんが、それでもあなたの目的を叶えるに十分な情報が載せられています。

髪の毛が抜けていき、日に日に弱っている頭皮を逆転させることなんて無理なんじゃないの?と半ばあきらめかけている方もいるかもしれませんね。

でもどうぞ安心してください。

これまで300万円もかけて髪の毛に情熱を燃やしてきた私自身が責任を持って確かな発毛促進ノウハウをあなたに伝授しましょう。

あなたは私のように遠回りしてお金も時間も無駄にする必要はありません。

ここで提供する知識を吸収してアウトプットするだけで、ほぼ絶対に今の状況を改善させることができます。

それでは前置きはコレくらいにしておき、さっそく髪の毛の脱毛を止めて発毛モードに転じられる方法についてお話しておきます。

あなたの髪の抜け毛が止まらない理由

薄毛を食い止めて新しい髪を生やしたいなら、順序立てて取り組む必要があります。

つまり、

  1. なぜ抜け毛が止まらないのか原因を知る
  2. 脱毛の原因に蓋をする
  3. 髪の成長力を高める

この3段階で問題の解決を図っていくのがベストです。

それではまず1番目のポイントをご一緒に考えていきましょう。

抜け毛が止まらない原因を知る

もしかしたら、あなたは20代か30代じゃないでしょうか?

男性が抜け毛を気になりだすのは、大体20〜30代が一番多くなっているんですが、ご存知でしたでしょうか?

なので今のあなたがそのように悩んでいても何の不思議もないことなんですね。

ただ、抜け毛が気になりだしてから数ヶ月〜1,2年の人の大半はなぜ自分の頭部にそのような変化が起きているのかわかっていないことがほとんどです。

当初は髪の毛の洗い方やシャンプー剤を変えればよくなるのではないか?

コンビニで買える育毛剤をシャワー後にシューッと一吹きして軽くマッサージをすれば食い止められるのではないか?

…こんな風にわりと軽く考えて時間が経過してしまうことがほとんどなんですね。

しかし、ほぼ全ての人が自然と気づくことですが、そのような気休め程度の取り組みでは一向に改善せず、むしろ被害は拡大の一途をたどるだけなんです。

ちゃんと理詰めで考えて、自分の頭皮内で何が起きているのかを見定める必要があります。

実のところ、男性型脱毛症で薄毛になる原因は、シャンプー剤が悪いからとか、老化で引き起こされるわけではありません。

たった一つ、DHTという活性化した男性ホルモンの仕業なんですね。

このDHTという言葉、どこかでお聞きになったことがあったでしょうか?

DHTは髪の毛が成長できなくなる影響力を持っているんですが、DHTに反応する受容体を有している人は男性型脱毛症を発症してしまい次第に薄くなる運命にあると言っても過言ではないんですね。

もともと髪の毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあって、成長期を5〜7年ほど経験してから退行期に入り、休止期で抜けて数ヶ月したらまた新しい髪が生えてくる循環をずっと続けています。

ですがDHTの影響下に入ると、髪が育ちづらくなって成長期が1年弱ほどで終わってすぐに休止期に入り…最終的には髪のミニチュア化が進んで肉眼ではほとんど確認できなくなるくらいまで縮小してしまいます。

DHTによる毛周期の乱れ

この負の連鎖を断ち切るためには、先ほどからお伝えしている全ての根源であるDHTが生まれないようにする必要があるんですが、DHTは二つの物質が結合することで生成されることがわかっています。

それがテストステロンという男性ホルモンと5aリダクターゼⅡという還元酵素です。

これらが頭皮内で合わさることでDHTが毎日誕生して髪に悪さをしていたんですね。

脱毛の原因に蓋をする

前項では男性型脱毛の主な原因がDHTであること。

そしてDHTはテストステロン & 5a還元酵素Ⅱ が一緒に結びつくことで生まれることを一緒に見てきました。

テストステロン & 5a還元酵素Ⅱ

ということは、勘の鋭いあなたならすでにお気づきかもしれませんが、DHTが作られるきっかけとなるどちらかの物質を除去できさえすれば、脱毛の原因を生まれなくなるようにできることがわかりますよね。

でも、そんな都合の良いことが可能なんでしょうか?

間髪入れずに結論から言いますと、めちゃくちゃ可能ですwww

しかも、内服薬をたった1日1錠飲むだけで済んじゃうんですね。。

5a還元酵素を阻害できる薬が何種類か出されていますので、その錠剤を毎日1回服用するだけで、DHTが日に日に存在感を無くしていき、髪の毛が再び元気よく成長していけるポテンシャルを回復することができるんです。

その代表的な薬はプロペシアと言います。

プロペシアの作用

これで抜け毛の原因に蓋をすることが可能となります。

ただし、抜け毛の被害レベルにもよりますが、これだけで失った全ての髪の毛が戻ってくるか保証できません。

それ以上の被害は食い止められても、それまでに失った髪の毛を取り戻すためにできることが更にあります。

髪の毛の成長力・発毛力を高める

薄毛になる原因に蓋をしたなら、今度は髪の毛自体の発毛力を高めることができます。

髪の毛の成長をサポートするには市販されている育毛剤でもカバーできますが、発毛効果があるのは医薬品の成分だけです。

現在、発毛成分として認可されているのはミノキシジルだけですので、こちらの成分が入った医薬品を使うことで髪の毛を最大限に活発化できます。

ミノキシジル作用

ミノキシジルはもともと高血圧患者用に作られた内服薬でしたが、利用した患者の多くが増毛の副作用を経験したことから、後に発毛剤としても使用可能か安全性を観察してから外用(塗るタイプ)の発毛剤として再デビューを果たしたという背景があります。

日本ではリアップ、リグロ、メディカルミノキなど…何種類ものミノキシジル配合剤が販売されていますが、医薬品ですので薬剤師さんかドクターに処方してもらう形で入手可能です。

ミノキシジル5%配合のものですと、最低4ヶ月は使用の継続が勧められていて、それ以降から発毛の実感を持ちやすくなるという臨床実験データがあります。

4〜6ヶ月は継続使用することで、ほとんどの人に発毛効果が現れます。

まとめ

ここまでをいったんまとめますと、

  • プロペシア等で男性型脱毛の主な原因であるDHTに蓋をする
  • ミノキシジルで髪の発毛力を高めていく

この方法でほぼ確実に増毛できることをお伝えしました。

まだこの方法をしたことがないのであれば、早速実践してみると、半年後には薄毛の悩みから開放されている可能性が非常に高いですよ。

ただし、医薬品は効果が優れている反面、副作用も出やすいことで知られます。

せっかく髪の毛が増えてきても、そうした治療薬で頭痛やめまい、性欲減退や鬱状態に陥ってしまったら幸せを感じづらくなる可能性もあります。

もし以上の方法で身体的・精神的に負担を感じるのであれば、育毛剤でケアしていくのも有効です。

チャップアップなどの育毛剤であれば、基本的に副作用なしで発毛促進効果が得られますのでオススメです。

チャップアップ育毛剤本体

先にこうした育毛剤から始めて、もし効果をかんじっれなかったら医薬品に移行するのも良いですし、先に医薬品である程度増やしてから育毛剤で現状維持を目的として育毛剤を利用することもできます。

両方を上手に使い分けながらバランス良く取り組んでいくのが良いでしょう。

いずれにしましても、今は抜け毛をストップさせて増毛できる時代に突入していますので、是非安心していただけたら嬉しいです。

AGAクリニックでカウンセリングを受けるだけでも、「髪の毛は生やすことができるんだ!」ということがわかって慰められるはずですよ。

がんばってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました